##########################################
		    CSEC研究会運営委員会会議録 =第48回=
		##########################################

日時:2008年3月7日(金) 12:00-13:00
場所:ATR(けいはんな)
参加者:岩村@東京理科大、鳥居@富士通研、
	高橋@九州システム情報技術研究所(櫻井@九州大代理)、
	田端@岡山大学、加藤@東芝ソリューション、栗林@神戸大学、
	佐々木@東京電機大、須賀@キャノン、千田@NTT、
	土井@情報セキュリティ大学院大、松崎@松下電器、
	勅使河原@創価大、竹森@KDDI研、寺田@NTTドコモ、
	寺田@日立、西垣先生@静岡大
    計16名 (順不同,敬称略)

議題:
(1)推薦論文の検討:田端@岡山大
(2)CSS2007終了報告:寺田@日立
(3)CSS2008進捗:鳥居@富士通研
(4)IWSEC2007終了状況報告:寺田@日立
(5)IWSEC2008進捗:寺田@日立
(5)SPT研究グループについて
(6)電子情報通信学会と情報処理学会との著作権の取り扱いについて
(7)その他報告事項
(8)2008年度の研究会活動計画:寺田@日立

内容:
----------------------------------------------------------------------------
(1)推薦論文の検討:田端@岡山大
----------------------------------------------------------------------------
・別途WGメーリングリストに推薦の依頼が流れますので、
 田端先生の指示に従ってください。

----------------------------------------------------------------------------
(2)CSS2007終了報告:寺田@日立
----------------------------------------------------------------------------
・CSS2007に関する終了報告が紹介された。

 1.シンポジウム名  コンピュータセキュリティシンポジウム
            CSS2007 (Computer Security Symposium 2007)
 2.日  程     2007年10月31日(水)〜11月2日(金) 3日間
 3.会  場     奈良新公会堂

 CSS2007は,国際ワークショップIWSEC2007(2nd International Workshop on 
 Security)との連続開催などであること,および奈良という開催地から昨年と
 同等という予想を立て,発表論文数110件程度,参加者250名程度とし準備を行った.
 結果は,発表論文数114件,参加者253名とほぼ昨年並みとなった.
 講演は,3パラレル,33セッション(うち2セッションは特別講演)のスケジュール
 で進め,各セッションともに活発な討議が行われた.
 また,10回目を迎えたCSS2007では,新たな取り組みとしてキャンドル
 スターセッション(ナイトセッション),デモ展示セッションを取り入れた.

----------------------------------------------------------------------------
(3)CSS2008進捗:鳥居@富士通研
----------------------------------------------------------------------------
・CSS2008に関する進捗報告が紹介された。

 1.シンポジウム名  第11回コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS2008)
 2.日  程     平成20年10月8日(水)〜10月10日(金)
 3.会  場     沖縄コンベンションセンター(沖縄)
            〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜4-3-1
            【TEL】098-898-3000【FAX】098-898-2202
            http://www.oki-conven.jp/

----------------------------------------------------------------------------
(4)IWSEC2007終了状況報告:寺田@日立
----------------------------------------------------------------------------
・IWSEC2007に関する終了状況報告が紹介された。
 IWSEC2007の会計処理は現在進行中であり、完了し次第報告する。

 1.会議名      セキュリティ国際ワークショップ
            International Workshop on Security (IWSEC2007)
 2.日  程     平成19年10月29日(月) 〜  平成19年10月31日(水)
 3.会  場     奈良新公会堂

・IWSECとCSSは同時期の開催であり、可能ならば、連続した方が参加しやすいとの
 意見があった。本件については、運営委員会の意見を吸い上げた後、
 IWSECステアリング委員会に検討事項として提案する。
 +会議運営の視点:IWSECとCSSは独立させた方が、業務負担が分散するため
          運用しやすい。
 +会議参加の視点:IWSECとCSSは連続した方が参加しやすい。

----------------------------------------------------------------------------
(3)IWSEC2008進捗:寺田@日立
----------------------------------------------------------------------------
・IWSEC2008に関する進捗報告が紹介された。

 1.会議名      セキュリティ国際ワークショップ
            International Workshop on Security (IWSEC2008)
 2.日  程     2008年11月25日(火)〜2008年11月27日(木)
 3.会  場     かがわ国際会議場,サンポートホール高松会議室

・各種国際、国内会議に参加する場合には、CFP配布に協力を御願いしたい。
 Preliminary announcement of IWSEC2008 (PDF) は、下記URLからダウンロード可
	http://www.iwsec.org/cfp/IWSEC2008_CFP080422.pdf

----------------------------------------------------------------------------
(4)SPT研究グループについて:西垣先生@静岡大
----------------------------------------------------------------------------
・2008年2月21日のIE領域委員会において、「情報セキュリティ心理学とトラスト」
 (SPT)研究グループの設立が承認された。
 主査:内田先生@情報セキュリティ大学院大
 幹事:村山先生@岩手県立大、西垣先生@静岡大、山口氏@横浜市
・設立趣旨などについては、SPT研究グループのHPを参照まで
	http://lab.iisec.ac.jp/~uchida_lab/spt/
・5月CSEC研究発表会、7月CSEC研究発表会、10月CSS2008での合同開催を
 希望している。合同開催の形態については、別途、MLならびに関係者にて調整する。
 2008年4月末時点での状況
 −5月CSEC研究発表会、7月CSEC研究発表会については、調整済み
 −10月CSS2008での合同開催については、CSS2008実行委員会に依頼済み
・5月CSEC研究発表会において、SPT研究グループについての活動を紹介する
 セッションを設けたいとの提案があり、了承した。
 2008年4月末時点での状況
 2008年05月22日(木)13:00−13:40
 「情報セキュリティ心理学とトラスト(SPT)研究グループの活動について」
      内田 勝也(情セ大) 

----------------------------------------------------------------------------
(6)電子情報通信学会と情報処理学会との著作権の取り扱いについて:寺田@日立
----------------------------------------------------------------------------
・2008年2月21日のIE領域委員会において、「著作権に関する覚書」が紹介された。
 +共催については、共催の利点を生かしつつ、著作権においては、帰属を明確に
  する形で進めることになった。
  具体的には、次の通りである。
  発表会:今までどおり合同で行う。
  技報:それぞれの学会に投稿された論文のみを掲載する。
  会告:プログラムは両学会の分をすべて掲載する。
  参加者(発表者含む):相手学会分は無料とする。(当日のみ)
  聴講者:どちらか一方を購入された場合、相手学会分は無料とする。(当日のみ)

----------------------------------------------------------------------------
(7)その他報告事項
----------------------------------------------------------------------------
・7月の開催については、場所、時期などを再度フォローする。
 2008年4月末時点での状況
 第42回  2008/07/24,25       福岡:下川@九州産業大
 於:福岡システムLSI総合開発センター(福岡市)にて対応完

----------------------------------------------------------------------------
(8)2008年度の研究会活動計画:寺田@日立
----------------------------------------------------------------------------

=2008年度スケジュール= (xx:日程未定)
  第41回  2008/05/22,23       横浜:金@情報セキュリティ大学院大
  第42回  2008/07/24,25       福岡:下川@九州産業大
  CSS     2008/10/08,09,10    沖縄:鳥居@富士通研
  IWSEC   2008/11/25,26,27    高松:
  第43回  2008/12/xx          未定:未定
  第44回  2009/03/05,06       熊本:未定

  DICOMO2008      2008/07/9,10,11   札幌:加藤@東芝ソリューション
  FIT2008         2008/09/02,03,04  湘南:栃窪@日本大
  全国大会第71回  2009/03/10,11,12  滋賀:

----------------------------------------------------------------------------

次回予定:
 日時:平成20年5月23日
 場所:情報セキュリティ大学院大(横浜)

以上


[home]