##########################################
		    CSEC研究会運営委員会会議録 =第21回=
		##########################################

日時:平成14年07月19日(金) 13:10-14:00
場所:東北大学工学部青葉記念会館 7階 和室
出席者:山田/東芝 中野/松下(大森代理) 中山/富士通研
    松浦/東大 松本/横浜国大 岡本/筑波大
    溝入/NTTデータ(林代理) 田中/KDDI研究所
    盛合/NTT 寺田/日立(文責) 順不同&敬称略

議題:
1. CSS2002状況報告>寺田委員(代理報告)
2. 2002年特集号>寺田委員(代理報告)
3. 研究会共通費算定法改定>岡本主査
4. 情報処理学会論文誌特集号報告と課題>岡本主査
5. 第18回分推薦論文の選出検討>松浦委員
6. 山下賞表彰式
7. 2003年度FIT(H15/9/10-13 札幌学院大)プログラム委員(1名)の決定
  2002年度FITは、菊池先生が対応した。
8. トランザクションの発行>岡本主査
9. 研究会登録費の改定について>寺田委員

内容:
----------------------------------------------------------------------------
(1)CSS2002状況報告
----------------------------------------------------------------------------
・報告事項
 現在、論文募集中であり、募集の支援をお願いしたい。>運営&専門委員各位
	http://www.media.osaka-cu.ac.jp/CSS2002/
・質問事項
 Q:11月1日(最終日)の終了時間の予定はどのようになっているのか?
 A:未定であるが、昨年度と同様に早めに終わるのではないかと考えられる。
----------------------------------------------------------------------------
(2)2002年特集号
----------------------------------------------------------------------------
・情報処理学会論文誌「新たな脅威に立ち向かうコンピュータセキュリティ技術」
 特集、投稿締切:平成14年11月29日(金) となっている。同じく募集の支援を
 お願いしたい。>運営&専門委員各位
	http://www.sdl.hitachi.co.jp/csec/special_issue.html#2002
----------------------------------------------------------------------------
(3)研究会共通費算定法改定
----------------------------------------------------------------------------
・学会側で、研究会の支出する共通費を登録人数割りとするか(現行)、固定とする
 か(改定案)などについて検討中である。CSECとしては、現行のままを希望する。
----------------------------------------------------------------------------
(4)情報処理学会論文誌特集号報告と課題
----------------------------------------------------------------------------
・2001年情報処理学会論文誌「電子社会に向けたコンピュータセキュリティ技術」
 特集は査読が完了し、あとは発行待ちの状態にある。
・ただし、査読結果の対処方法については、より厳格とするための対処指針策定を
 検討する。
----------------------------------------------------------------------------
(5)第18回分推薦論文の選出検討
----------------------------------------------------------------------------
・下記懸案事項について、改善策を検討する。>松浦委員
 −2日間などの複数日に渡る研究会の場合、どの時点で推薦論文の選出検討委員会
  を実施するのかが良いのか?
  現行は、2日間の研究会の場合、2日目の昼に実施している。また、研究発表会
  開催時に選出しているのは、候補のリストアップならびに検討をface2faceで
  実施することにメリットがあるため。
 −推薦手続きの早期処理を行なって欲しい。
  現行、2〜3回分の研究発表会の推薦論文をまとめて処理している。このため、
  決定から学会の推薦手続きにのるまでに遅延がある。

----------------------------------------------------------------------------
(6)山下賞表彰式
----------------------------------------------------------------------------
・今年から山下賞の表彰を各研究会で行うこととなった。
 CSECとしては、CSSの懇親会で、CSS独自の表彰式とあわせて山下賞表彰式も行なう
 方向とした。
・これに伴い、下記を実施する。
 −CSS2002の実行委員各位に、CSSに山下賞表彰式を組み込んでもらう。
 −山下記念賞対象者本人への連絡方法を確認する。
・懸案事項
 −山下記念賞対象者がCSSに参加するためにかかる費用をどうするか?
  交通費:対象者自身が支払う。
  CSS参加費:???
  CSS懇親会費:???
----------------------------------------------------------------------------
(7)2003年度FIT(H15/9/10-13 札幌学院大)プログラム委員(1名)の決定
----------------------------------------------------------------------------
・2003年度FITのプログラム委員は、中山委員(富士通研)にお願いする。
----------------------------------------------------------------------------
(8)トランザクションの発行
----------------------------------------------------------------------------
・トランザクションの発行について、いろいろな検討が行なわれている。
 CSECとしては、来年度は、特集号を発行する方向で進める。
----------------------------------------------------------------------------
(9)研究会登録費の改定について
----------------------------------------------------------------------------
・研究会登録費にCSEC特集号の費用を組み入れ、CSEC特集号を研究会の会員に配布
 するという案について、参加委員の意見を伺った。まずは、研究会登録費が妥当
 な金額に収まるかどうかから検討を始めることとなった。
 次回運営委員会にて、CSEC特集号の費用を組み入れた場合の試算を報告する。
----------------------------------------------------------------------------
次回予定:
 日時:平成14年10月31日(木) 12:30-13:00
 場所:大阪市立大学
 議題:
 (1) 第19回分推薦論文の選出検討
 (2) H15年度登録費について  他
以上


[home]