#########################################
		    CSEC研究会連絡会議会議録 =第8回=
		#########################################

日時:平成12年01月21日(金) 16:30-18:00
場所:富士通クロスカルチャセンター
出席者:浦本(岩野代理)/IBM、鳥居/富士通、岩村/キャノン、村田/NTT、
	村山/岩手県立大、菊池/東海大、寺田/日立(文責) 敬称略

議題:
(1)論文誌「情報セキュリティとその応用」特集号の経過報告>村山連絡委員
(1a)次回特集号の計画
(2)CSS'99推薦論文の報告>菊池連絡委員
(3)推薦論文の運用手続きの見直し>寺田連絡委員
(4)推薦論文のPR活動
(5)第7回CSEC研究発表会推薦論文候補


内容:
----------------------------------------------------------------------------
(1)論文誌「情報セキュリティとその応用」特集号の経過報告>村山連絡委員
----------------------------------------------------------------------------
・投稿状況:計32件(締切11月30日)
・進捗状況:特集号編集委員が査読者割当て終了、査読段階にある。
・今後:3月中旬に論文誌編集委員に経過報告、5月下旬に最終判定。
----------------------------------------------------------------------------
(1a)次回特集号の計画
----------------------------------------------------------------------------
・次回特集号の取り纏め:次回の特集号取り纏め者の指名は村山先生に一任。
・次回特集号予定:投稿締切12月末 2001年9月発行予定
・特集号取り纏め者に関する規則
 −次回の特集号取り纏め者は、前回の特集号取り纏め者が指名する。
・特集号企画時期の目安
  3月:        準備開始
  5月:        編集委員会への提案
  6月:        会告への掲載(投稿締切はCSSの1ヶ月後くらい)
 11〜12月:    投稿締切
  8〜 9月:    特集号発行 
----------------------------------------------------------------------------
(2)CSS'99推薦論文の報告>菊池連絡委員
----------------------------------------------------------------------------
・2000年1月7日開催の論文誌編集委員会において、4件のCSS'99での発表論文を推薦
	題名							著者
	耐タンパ移動エージェントの提案				岩井俊弥,他
	匿名オークションを実現する分散システムの実装と評価	菊池浩明,他
	クッキーを用いた情報ハイディング方式とその実装		松本勉,他
	データハイディングの遠隔データ解析に対する影響		松浦幹太
----------------------------------------------------------------------------
(3)推薦論文の運用手続きの見直し
----------------------------------------------------------------------------
・推薦論文取り纏め者に関する規則
 −任期は4月〜翌年3月までの1年間とする(年度で区切る)。
 −次回の推薦論文取り纏め者は、前回の推薦論文取り纏め者が指名する。
 なお、H12年3月までは推薦論文取り纏めは菊池先生が行う。
・推薦論文手続きの改訂:
 主査または担当幹事が推薦論文の著者に対し、推薦論文にする旨連絡し内諾を
 得る前に、連絡委員に判定結果(賛成、反対、棄権投票数)を報告する。
・研究発表会における推薦方法
 −各研究発表会終了後の研究運営委員会にて推薦論文の提案有無を検討する。
 −推薦有りの場合は、研究運営委員会参加者連名で「発表題目と推薦内容」を
  推薦論文取り纏め者に提出する。
 −推薦論文取り纏め者は、2〜3件の推薦論文が集まった時点で、連絡委員に
  判定のための作業を依頼する。
・推薦論文制度の運用資料の改訂版作成>村田連絡委員
・今後の課題
 −推薦論文候補の提案方法の見直し
  例えば、研究発表会参加者も推薦論文候補を提案できるようにするなど
----------------------------------------------------------------------------
(4)推薦論文のPR活動
----------------------------------------------------------------------------
・推薦論文制度のPR活動を実施する。
 −論文募集時の案内に推薦論文に関するPRを記載する。
  >>研究発表会 論文募集活動の手順に記載済み。
 −研究発表会の座長は推薦論文制度をPRする。

----------------------------------------------------------------------------
(6)その他
----------------------------------------------------------------------------
・CSEC研究会として、チャイム、指示棒を購入する。
----------------------------------------------------------------------------
次回予定:
 日時:平成12年03月22日(水) 18:00-19:00
 場所:IBM東京基礎研究所
 議題:
 (1) 研究発表会反省 
 (2) 研究会推薦論文の検討

以上


[home]