#########################################
		    CSEC研究会連絡会議会議録 =第6回=
		#########################################

日時:平成11年05月21日(金) 17:00-18:30
場所:情報処理学会 会議室
出席者:勅使河原/創価大、黒川/国学院大、林/NTTデータ、坂本/NTTデータ、
	宮内/NEC、岩村/キャノン、栃窪(才所代理)/東芝、松浦/東大、
	中川路/三菱、村山/岩手県立大、村田/NTT、寺田/日立(文責) 敬称略

議題:
(1)研究発表会反省>林幹事、宮内連絡委員
(2)平成11年度新規連絡委員紹介>松浦連絡委員、村田連絡委員
(3)平成11年度活動計画の確認(3月発表会の日程変更)>寺田連絡委員
(4)論文誌(特集号)発行プロジェクト進捗状況>村山連絡委員
(5)研究会推薦論文プロジェクト
(6)研究会独自表彰制度プロジェクト進捗状況>寺田連絡委員(岡本幹事の代理)
(7)IWSEC'99状況報告>村山連絡委員
(8)CSS'99状況報告>寺田連絡委員
(9)平成10年度研究会活動報告学会誌掲載原稿>寺田連絡委員
(10)その他
(10-1)平成11年度山下記念研究賞推薦の研究会
     山下記念研究賞受賞候補者推薦調書 提出締切:5月25日(火)
(10-2)研究会積立金の使用>勅使河原連絡委員

配布資料:
(1) CSS'99状況報告
(2) 第一回CSS'99実行委員会議事録
(3) IWSEC'99について
(4) CSEC研究会特集号発行手順
(5) CSEC研究会推薦論文の手順(案)
(6) 成10年度研究会活動報告学会誌掲載原稿

内容:
----------------------------------------------------------------------------
(2)平成11年度新規連絡委員紹介
----------------------------------------------------------------------------
・CSEC研究会会員増員に伴う連絡委員増員(会員数の10%以下)と連絡委員の交替に
 伴い、下記委員が新任となった。
 −溝口連絡委員(東京理科大)、松浦連絡委員(東大)、村田連絡委員(NTT)
  菊池連絡委員(東海大学)
----------------------------------------------------------------------------
(3)平成11年度活動計画の確認(3月発表会の日程変更)
----------------------------------------------------------------------------
・第8回研究発表会(DPS研究会と合同)の日程を下記のように変更する。
 変更前:2000年3月23日(木)〜24日(金)
 変更後:2000年3月21日(火)〜22日(水) 場所: IBM基礎研究所(神奈川県大和市)
----------------------------------------------------------------------------
(4)論文誌(特集号)発行プロジェクト進捗状況(取り纏め:村山連絡委員)
----------------------------------------------------------------------------
・論文募集から掲載までのスケジュールは以下の通り。
	論文募集       1999年      6月号
	投稿締切       1999年     11月末
	査読完了       2000年      5月末(照会も含む)
	審査報告書作成 2000年      6月
	特集号刊行予定 2000年      8月号
・次回以降の論文誌(特集号)発行プロジェクトの進め方については別途検討要
・論文誌(特集号)発行にあたっては、論文誌編集委員2名以上必要。
 (セキュリティ関係の論文を増やせば、CSEC関連の論文誌編集委員も増員可能)
----------------------------------------------------------------------------
(5)研究会推薦論文プロジェクト(取り纏め:村田連絡委員)
----------------------------------------------------------------------------
・研究会推薦論文は、理論面のみならず実用面ですぐれた内容の研究発表を論文誌に
 推薦することを目的としている。
・本件については、研究会推薦論文・山下記念研究賞受賞候補者推薦とをあわせ、
 選定基準、選定方法を検討していく。
・取り纏めは、村田連絡委員(サポート林幹事)にお願いする。
----------------------------------------------------------------------------
(6)研究会独自表彰制度プロジェクト進捗状況(取り纏め:岡本幹事)
----------------------------------------------------------------------------
・CSS独自表彰制度については、大枠を検討済み。
 −1st:座長による推薦、2nd:選考委員会の2段階方式
 −選考委員は、CSS実行委員長とCSSプログラム委員長が決定
 −若手育成を目的とする。発表者を対象とする。3名ほどとする。
 −CSS表彰制度は、CSS独自とする(CSEC連絡委員会へは単なる報告のみ)
 −表彰は、次年度のCSSの懇親会にて実行委員長が行う。
 −表彰は1回のみとする。
 −表彰に伴う表彰状と賞金は、CSS2000実行委員会が準備する。
・研究発表会を対象とする表彰については、研究会推薦論文プロジェクトと別途
 調整が必要
----------------------------------------------------------------------------
(7)IWSEC'99状況報告(IWSEC: International Workshop on Security)
----------------------------------------------------------------------------
・状況報告
 −IWSEC'99の日程は、は、9月23日〜24日となった。
 −ホームページ
	http://www.sb.soft.iwate-pu.ac.jp/conf/icpp99-iwsec99/
 −投稿数19に対して、12件採択した。
・今後は、参加者募集の活動を進めていく。
----------------------------------------------------------------------------
(8)CSS'99状況報告
----------------------------------------------------------------------------
1.会場
・ホテル日航金沢の2会議室を利用(収容人数200名位と100名位の会議室)
2.会計
・共催:情報処理学会北陸支部、JAIST
・協賛:電気情報通信学会北陸支部
・JAIST、金沢市、石川県からの補助を受けるにあたり、英語のセッション要。
3.プログラム
・発表15分、質疑応答5分を予定。2セッションとする。
4.広報
・Webページ http://grampus.jaist.ac.jp:8080/css99/
5.宿泊
・CSS'99開催時期に別会議開催のため、宿泊施設は早めに予約しておいた方が良い。
・上記理由から、早めに開催案内などの広報を行った方が良い。
----------------------------------------------------------------------------
(10-1)平成11年度山下記念研究賞推薦
----------------------------------------------------------------------------
・今年度は見送りとするが、来年度以降のための体制を整えていく。
・研究会推薦論文プロジェクトの枠内で進めていく。
----------------------------------------------------------------------------
(10-2)研究会積立金の使用
----------------------------------------------------------------------------
・研究会積立金:研究会の活性化の一環として新しい多様な価値の創造のために、
 現在の各研究会の積立金全額を、各研究会あるいは各領域が使用することができる。
 なお、使用にあたっては、具体的な使用計画が必要。

・積立金の使用については、連絡委員に使用案を公募する。
----------------------------------------------------------------------------
次回予定:
 日時:平成11年07月09日(金) 17:30-18:30
 場所:情報処理学会 会議室
 議題:
 (1) 研究発表会反省 
 (2) 研究会推薦論文、山下記念研究賞推薦の進め方
 (3) 次回以降の論文誌(特集号)発行プロジェクトの進め方

以上


[home]